カラダ探し 解【第38話】終わりへ・・感想(ネタバレあり)

トンネル

いよいよ今いる世界の終わりへ進んで行きます。

どのように元の世界と繋がるのか!?

スポンサードリンク

キスシーン素敵ですねぇ(*^^*) はじめの方、留美子は女の子が皆可愛い、可愛い♡と連発する龍平のことを「なんてどうしようもないやヤツ」と思っていたワケで。胴体だけの美雪の胸を触るという悪質!?な行為も行いましたしね😅しかし回を追うごとに龍平がたくましくなって、留美子を守るようになった。全力で。そして、留美子もそんな龍平に気持ちが傾いていった、ということですね(^_^)

・・龍平が消えるシーンはとてもキレイです。悲しい場面なんですけどね。

留美子以外は皆死んでしまった。留美子たちが居た世界って何なんでしょう??武司の作った世界?妹のあゆみが生きていて欲しいという願いからの・・。本当の世界で美紀が美子に殺されかけなければ、もう一つの世界の留美子たちは平和に暮らしていたんでしょうか。小説を読むと理解が深まると思うのですが、原作を読む勇気がまだ出ません。(マンガ以上に恐ろしく感じそうで😅)   本当の世界では、”本当に解かなくてはいけないのは美子の呪い”ということにまだ気づけていないですよね?留美子はもう一つの世界で美紗に教えてもらったから分かっていて。このことが「本当の世界の呪いを終わらす」最終章へと繋がるという。この出来事がないと終わりには繋がらなかったんですねぇ。 まだ終わってなくてどのように終わるのか、繋がるのか分かりませんね?? 続きが楽しみです!(^_^)

スポンサードリンク