「湯シャン」効果汚れ落ちる??科学薬品シャンプーのデメリット

「湯シャン」??初めて聞きました。

シャンプー、コンディショナー代は節約できる。置かない分お風呂場はスッキリする。

お金を少しでも使わないで済むのはいいことです。

しかし、疑問が出てきますね。

汚れは落ちるのか。。。

まず、シャンプーは、髪や頭皮の皮脂を落としすぎてしまうので、リンスで補うという、意見があります。しかし、最初から皮脂を落とさなければ、リンスもコンディショナーも使う必要がない。

シャンプーを使うと出る症状①

朝すごく頭がかゆく、何かの事情で1日洗えないと頭をかきむしってしまう。洗えばかゆみはとれる。

お湯シャン効果①

お湯シャンをやっていると、頭皮のかゆみなど全くない。かゆみは異常??

ちなみに「石油系の合成界面活性剤」は?

「石油系の合成界面活性剤は、毒性があります。天然のものではないから、生体である人間の体内に入り込むと肝臓では分解できず残留します。そしてタンパク質をこわします。」

これだけを考えるとほんとに悪いものに思えてしまう(-_-;)

しかも、合成界面活性剤はいろいろな名前があり、シャンプーの成分を見ただけじゃ、入ってるのかどうかわからない。

合成界面活性剤は便利なもので、食品、医薬品、洗剤、化粧品などに使われています。化学薬品は人間の生活を便利にしてくれている面もあり、現代はこうした物と共存する社会。

それを毒にするかどうかは自分の使い方次第。

またまたちなみに、市販のベビーシャンプーで洗うと香りもいいし、髪もさらっとするそうです。でもそれは化学物質の力で、長期的な目でみたらせっけんシャンプーのほうが絶対いいとのことです。

清潔な頭皮や布はいやな匂いはしません。シャンプーや洗剤は香料でバクテリアが繁殖している匂いをマスキングしているだけ。

そういう化学的な匂いがしないものが「真の清潔な頭皮であり布である」との意見あり。

人間は香りで心理的な影響を受けやすい。シャンプーの成分を全く変えず、香りだけ変えたら、多くの人が「以前より、髪がつやつやになる」「きれいになった」と感じた、という研究結果もあるそうです。

では、シャンプーを変えるきっかけは香りにして、香りの良い頭皮にいいシャンプーをみつける・・・と話がズレました。湯シャンについてですね。

次回にまた、湯シャンについて普及していきます!

スポンサードリンク