寝る前に食べて脂肪たくわえて体重増加の前に対策をがんばろう!

夜、寝る前に食べると大変体重が増加。増加理由と対策まとめます。

●22時~3時頃までが最もBMAL1(ビーマルワン)多くなるため、この時間に摂取した食事は脂肪が蓄積されやすくなります。反対に最も少なくなる昼間は夜の時間に比べて脂肪に蓄積されにくくなります。

◇BMAL1には、脂肪細胞に脂肪を溜めこむ働きがあります。

●夜遅くに摂取したカロリーが消費されることなく体に蓄積されるということです。

●摂取したものが体脂肪に変換される作用が強く働くのは夜中の2時前後がピークであることがわかっていて、その体の作用が余計に体重増加に直結しているのです。

●体内時計が人間の体の働きを正常にしてくれるのですが、夜遅く食事を摂ることでその働きが乱れてしまうのです。そうすると、本来の体の機能が正常に働かなくなってしまい、心身に様々な不調をきたすようになります。

夕食の時間が遅くなるだけで、心身には様々は不調が引き起こされ、それが「痩せられない体質」を作ってしまいます。カラダの機能を理解しておけば、「夜遅くに食べるのはやめよう」と自分を制止する抑止力にもなるでしょう。

●夜遅い食事をやめるためには、「夜食べるのを我慢する」のではなく、生活サイクルの見直し、つまり時間の使い方を見直すことを優先してください。食べることを我慢するのではなく、食べる時間を早めるためにどうやって時間を上手に使うか?という視点でタイムスケジュールを組みましょう。

●分食
主食のみ早目の時間に食べて空腹対策し、帰宅後やまとまった時間がとれるときにはおかずのみを摂取。

●主食を食べるなら、お米
主食を食べるなら、糖質を多く含むパンや麺類よりもご飯を。更に玄米や雑穀米は食物繊維を豊富に含み血糖値の上昇を防ぐ役割もあります。

●脂肪分が少ない野菜メニューを多めに
おかずは脂肪分の少ない野菜メニュー中心のもの、特にスープやサラダ、野菜の煮物などがオススメです。

●成功者の言葉。

職場が変わってどうしても夜食べて寝るまでの間隔が短い生活になってしまい、1年で10キロ近く太った。早めに食べるのは無理があるため、置き換えダイエットのように夜は青汁とかシェイク系にした。はじめは空腹で辛かったけどそれよりも、睡魔が先ですぐ寝れた。朝昼はしっかり食べて。この生活を続けること現在二年目、マイナス18キロです。もちろん、飲み会や友達や家族とのディナーはきっちり食べます。

もうすでに知っている、分かっている情報もあります。頭ではわかっていても、深夜に帰り、疲れ、お腹がすく状態では食べてしまう、食べなきゃやってられない。

しかし、実際そんなことをしていると一年で体重が10キロ増えることもある。

それもやってられない! どこかで気をつけるしかないのです。

私は精神を安定させる方法が知りたい。ストレスをかんじると食べて乗り越えようとして

しまうからだ。だれか安定の方法を教えてください。

スポンサードリンク