Mykey佐野義仁の人脈がスゴイ!?評判や口コミ評価が気になる!

Mykey佐野義仁さん?- どんな人?

みなさん、Mykey(マイキー)こと佐野義仁さんってご存知でしょうか?

愛称(あいしょう)のマイキーさんと呼ばせていただきますが、マイキーさんって、投資家さんなんですよ(^^)

想像を遥かに超えた凄腕(すごうで)FXトレーナー・・! 1日億単位でトレードすることも! 500万円を数十億にしてきた実績のある方です。


スポンサードリンク

この方がマイキーさんです^^

引用元:Mykey佐野義仁のオフィシャルブログ 7feathers旅行記

凄腕の投資家さんって、こんなイメージだったんですけど、

強面(こわもて)で近寄りがたい笑

マイキーさんは、セミナーでサングラスで登場されることもなく(普段はかけていらっしゃるかも知れません)服装もスーツですが、カジュアルな着こなし。

そして、親しみやすい雰囲気でお話をされます。気取らず、飾らずといった感じです。

お話の内容も、わかりやすく説明してくださります。

セミナーについてですが、マイキーさんは様々な場所でセミナーを開かれています。

主に資産構築のお話、会場限定での裏話などを話されていて、規模は100~200人前後のお客様が来られます。かなり大きな規模ですね。

それだけ、マイキーさんへの支持率、期待値が大きいのだと思います。

マイキーさんは海外からのセミナーも多いんです。というのも、海外での人脈がとてつもなくスゴイのです。


Mykey佐野義仁の人脈がスゴイ!?

まず、 韓国での人脈が広いです。

韓国ブロックチェーン協会(KBA)役員

韓国最大で世界でも5本の指に入る取引所BITHI(ZBグループ)の出資者


モール開発大手企業のフィリピン財閥ロビンソングループ韓国MOAグループキム会長とも繋がりがあります。


フィリピン財閥ロビンソングループとの打ち合わせのご様子


韓国MOA グループキム会長との打ち合わせのご様子


ここまでは、マイキーさんは凄腕FXトレーダーで、故に海外での人脈がスゴイというお話をさせていただきましたが、マイキーさんは只々”スゴく稼がれている”だけの方ではありません。


マイキーさんの本当の評判/口コミ/評価は!?

マイキーさんは、7feathers という組織に在籍されていて、FXトレードなどで稼いだ一部を、NGO団体を通して寄付をされています。

マイキーさん自身、NGO(カンボジア)運営者です。

カンボジアは都市部は外国の企業が参入し経済が急速に発展しつつあります。

しかし農村部に住む人々の暮らしは貧しいままです。

国民の3人に1人は貧困ライン(最低限の衣食住などの基準)以下での暮らしを送っています。


去年、ビットコインなど仮想通貨が流行った年に、「暗号通貨を通じて寄付を行います」という団体が増えたそうですが、それらの団体はただお金を集めたいだけで、実際は寄付団体と繋がっていないとか、かなりヒドイ状態・詐欺では??と思われる団体ばかりだったそうです。

マイキーさんは、その現状がスゴく嫌で「やるなら徹底してやろう」と考えられました。

まず、学校を建てることなどが思い浮かぶと思います

しかし、ただ建てただけではダメなのです。

カンボジアはとても暑いです。クーラーが必要になります。

クーラーが必要ということは、電気が常に通っていなければなりません。

通し続ける設備を整備するための資金が必要です。そして電気だけではなく、学校自体を運営し続ける資金が必要なんです。

現地まかせで建てたら終わりではなく、その後もサポートするための資金を送り続けること、資金だけではなく、運営にも関わることが必須です

マイキーさんは、これらのことを徹底して行われています

投資の一部を寄付し続け、現地にも出向き、現状を理解されています。

マイキーさんは軽い?見た目から「現地言っても遊んでいるのでしょう?」「高いところ泊まっているんでしょう?」と言われるそうですが、実際泊まられている場所の金額は、3,000~4,000円ほど。豪華なスイートホテルではないんですね。

食事も200~300円のものを食べたりと、安く済まされている。

つまり、自分自身にはお金を使われていないのです。

とても以外というか、先程も書きましたが、上に立つ偉い方は贅沢をされている、または位相応にお金を使われるというイメージですがマイキーさんはそのような考えではないようです。

人格者といいますか、とても良い感じの方ですね^^



寄付(支援)について。団体としての考えは?

寄付(支援)についての考えは、下記を引用させていただきました。


まずお金の使い道ですが、もし、自分が大きいお金を持った時に、どのように分配して行うか。例えそれが「5パーセントでも。」「3パーセント。」例え、「1パーセントでも。」そう言う方が、1,000人、1万人になる事を、まずこれからの寄付して頂く、そういう団体の勤めだと思っています。

引用元: Mykey佐野義仁のオフィシャルブログ 7feathers旅行記

1パーセントの寄付金でも1,000人、1万人集まることによって、大きな支援へと広がることを伝えようとされているのですね。

しかし、マイキーさんもセミナーやブログなどで言われている通り、皆自分に精一杯です。余裕がないと寄付はできません。

(自分が寄付をしてほしいくらいです(切実に))

ただマイキーさんは、全員にしろ!と言っているのではなく、投資をしてお金を作る方法があり、大きな額を手にしたときの運用方法として、1パーセントでも寄付にまわすことができれば、多くの人を救う手助けとなるので、考えてほしい。ということを広めたいのだと思います。

まとめ

次回は、実際にマイキーさんが行われているNGOの活動について触れたいと思います。

マイキーさんって英語ベラベラなんですよ。

日本人だけど…なんで? マイキーさんの愛称って?

ではまた次回もよろしくお願いいたします^^

最後まで見ていただきありがとうございます♪


本日出てきた言葉です。

参考にしていただけましたら幸いです。

※ (トレードは取引のことです。)

※(FXトレード  資金をその時々の為替レート に従って、他の通貨に交換し、その後変動を見ながら売却することで損益をあげること。

※(為替レート 例: 1ドル=100円 )


※ブロックチェーンの仕組み。

①仮想通貨の送付の際に、トランザクション(取引履歴のデータ)を作成。

②トランザクションが、ブロック(納品箱)に取り込まれる。

③ブロックが次々と追加され、チェーン(くさり)となる。

ブロックチェーンを通帳でたとえると、トランザクションは「預け入れ・引き出し」の取引履歴で、ブロックは取引履歴が書かれている通帳の1ページのようなイメージです。

スポンサードリンク