ラ・ラ・ランド地上波はいつ?あらすじや出演者口コミを調査!

ラ・ラ・ランド

引用元:金曜ロードショーシネマクラブ

2月8日についに金曜ロードショーで放送されます!

ノーカットです!(CMは入っちゃいますがねぇ・・そういう意味じゃないか)

でもノーカット放送は嬉しいですね♪

吹き替えになっちゃいますが、劇中の歌は英語のままだと思われます。

映画の吹替版が歌の部分は英語のままだそうなので。

では、気になるあらすじへ行っちゃいましょう♪

スポンサードリンク

ラ・ラ・ランドのあらすじは?

皆さん、見たことがない方もどうやら歌って踊るらしいよ?ミュージカル調のようだよ。

という噂やテレビなどのCM予告を見ていて知っている方もいらっしゃると思います。

そうなんです。歌とダンスで主人公たちの感情や話の流れ盛り上がりが表現されています。

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働く

ミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばか

り。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の

名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う

存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合

う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことか

ら、二人の心はすれ違いはじめる……。

引用元:ラ・ラ・ランド公式サイト

すれ違いはじめる・・・。何やら心配のフラグ。予告動画はノリノリなのになぁ(*‘ω‘ *)

ラ・ラ・ランド出演者 エマ・ストーン

主人公のミアを演じるエマ・ストーン

エマ

引用元:Twitter

2012年上映「アメイジング・スパイダーマン」に、グウェン・ステイシー役で出ていました。

本名はエミリー・ジーン・ストーン

インタビューで仕事以外のプライベートの話はしないそうです。

ラ・ラ・ランドについては、「この映画はまさにロサンゼルスとミュージカルに対する贈り物。ラブレターのようなものなの。だから、出演出来て本当に嬉しかった。」

引用元:ELLE JAPAN 3月号より抜粋

皆の口コミは?(ネタバレあり)

血しぶきが飛び散る映画を見て「現実は残酷だ」というのは簡単だが、美しいメロディ、夢を追い、叶える主人公たちを見て「現実は残酷だ」と言える映画は少ない。悲しい、とは別の、古傷が痛むような感覚を覚える。

夢からさめて現実に近づくほど楽器をへらし画面リアルな色味(地味)にしてくというコンセプトも好きだな。
そんなん絶対叩かれますよね!ってのをやるっていうのが。
現実に近づくけど夢は叶えてる(でも代償あり)ってところも素敵。

主人公に感情移入できず、私には面白いと感じられませんでした。

ミュージカルは好きなんですが、この映画は長い割には伝わるものが少なく…

世界観も独特で、ついて行くのがやっとでした。

二人のダンスなど、場面を切り取ると素敵なシーンはたくさんあるのに、ストーリーを楽しむことは難しかったです。

期待が大きすぎたのかもしれません。

最後がハッピーエンドじゃなかったのは良かったと思います。

良いと思う所、そうじゃない所、賛否はあるようですね。

最後に

期待はかなり高い映画です。でも、期待が高いと思ったより良くないと思ってしまうかも知れません。ミュージカルが好きな方、そうでない方も見方が変わるかも知れません。

それだけ新しい要素が散りばめられている映画!きっと発見がたくさんあるはずです。

まずは、見てみて、どう感じるかを確かめる、誰かに話してみるとかどうでしょうか?

世界が広がる気がしませんか?

最後まで見ていただきありがとうございます♪

また、情報を追記していきます。

ありがとうございました♪

スポンサードリンク