カラダ探し解ネタバレあり40話感想それぞれの守るもの

月夜

カラダ探し 解 (40話)が公開されました。

いよいよ、呪いを解くために高ひろ、明日香、留美子たちが立ち向かいます。

二手に別れた龍平たちは留美子たちを助けることが出来るでしょうか。

では、さっそく感想に参ります♪

スポンサードリンク

40話感想 ネタバレあり。

健司は赤い人が来る所へ向かうつもりだったのでしょう。ちょうど留美子たちと遭遇しましたね。前の世界の記憶がある留美子は健司をすぐに受け入れました。それからすぐに赤い人が現れました。留美子たちを追ってきていたのでしょう。現実の世界での赤い人との戦いが始まります。

前の世界の記憶がある健司が龍平に気づきます。留美子のことを龍平に託し、健司は命がけで赤い人の動きを止めにかかります。

一方の明日香たちの方へ向かったみゆき達は「カラダ探し」の方では魂として描かれていました。「解」の方では幽霊のような姿で描かれているので、みゆき達の明日香たちを守ろうとする姿がはっきりと見えますね。

龍平も幽霊のような姿で、読者には見える形なので、龍平の「自分はどうしたらいいのか」という、苦悩がはっきり見えます。

明日香たちは黒く怖い人に苦戦中。このままではやられてしまうと悟った、みゆきたち。どのように黒く怖い人に立ち向かうのか!?

そして龍平の方は、自分に気づいて欲しくして必死に武司へ呼びかけます。なんと、前の世界で関わり合いのある武司がちゃんと気づいてくれます!ここからどうタッグを組んで、赤い人に立ち向かうのか。みゆきたちは明日香たちを、守れるか、次回に期待が高まります!!

スポンサードリンク