『モンプチ 嫁はフランス』じゃんぽーる西

祥伝社でから発売されている漫画『モンプチ 嫁はフランス人』の著者

じゃんぽーる西さんのことを書かせていただこうと思います。

モンプチ 嫁はフランス人」は只今LINE漫画で毎日1話更新中(現在11話まで)で読めます。(平成30年9月4日まで配信)


『モンプチ 嫁はフランス人』では、フランス人の嫁(奥様)はカレンさんというお名前で登場されますが、本名は西村・プペ・カリンさん。好奇心旺盛で日本が大好きで、日本に移住をしたジャーナリスト。知的で優しくて旦那さんとお子さんの七央(なお)くんをとても愛していらっしゃる様子が漫画から伺えます。

このお話は、七央(なお)くんが生まれる少しまえと、生まれてからの子育ての様子、七央(なお)くんを中心とした生活のやり取りが描かれています。父・西さんがとてもよく観察されていて、七央(なお)くんの体のつくりや表情、行動が分かりやすく、エピーソードがとっっっても面白いので笑いながらどんどん読んでしまいます。

現在大活躍されているじゃんぽーる西さん。

じゃんぽーる西さんは当時、漫画家を目指しながら連載のアシスタントの仕事をされていたそうです。しかし目途が立たなく目標が欲しいと考え、ワーキングホリデーの制度に30歳で申し込みます。行き先は、バンド・デシネの国、フランス・パリです。

(フランスはバンド・デシネ【bande dessinée】(フランス独自の漫画ジャンル)がある国で、1980年代以降の日本漫画の作画に革命をもたらした大友克洋もバンド・デシネを代表する作家に影響を受けています。)

この頃からフランスに関わりお仕事をされているようで、パリでの生活をエッセイ漫画   『パリ愛してるぜ~』で描かれています。

現在もフランスに関わり続け活躍されているじゃんぽーる西さんですが、一旦ここで、これまでの経歴を書かせていただこうと思います。

2002年 ヤングマガジンUPPERS(アッパーズ)誌でデビュー。
     西村拓(当時のペンネームと思われます。)
UPPERS勝新人漫画賞の第13回大賞を受賞。
    「スペース・パイレーツ」(『ヤングンマガジンアッパーズ』19号)でデビュー
     アッパーズ誌のコンセプトは「B級SOULFULコミックマガジン」
      アッパーズ誌で連載されていた漫画は、『餓狼伝』『ピアノの森』など。
2005年 1年間、ワーキングホリデー・ビザでパリに滞在。
2006年 パリでの体験エッセイ漫画を3年間、女性向け月刊漫画誌「office YOU」(創美社)
     に連載。
2011年『パリ愛してるぜ~』を(飛鳥新社刊)で出版。
2012年 同書の仏訳版『Anous deux, Paris !』(Editions Philippe Picquier 刊)出版。
     フランスのIT ニュースサイト「clubic.com」のコラム「ライブジャポン」
             に執筆する妻カリン・プペと共に週刊4コマ漫画を連載。
   3月、パリの書籍見本市「サロン・ド・リーブル」に招待される。
    『かかってこいパリ』(飛鳥新社刊)出版。
     『パリが呼んでいる』(飛鳥新社刊)出版。
2014年 JAPAN EXPO(ジャパンエキスポ)フランス・パリで開催。
     『パリ番外区 / un étranger à paris』というタイトルの
     短編アニメーションが紹介される。(原作をじゃんぽーる西さんが手がけています)

じゃんぽーる西さん ツイッターhttps://twitter.com/jp_nishi

ブログhttp://lostinparis.jugem.jp/

現在は上記のサイトで日々の仕事のことなどを綴られています。
フランス・パリに憧れる女性は大変多いと思います(*^_^*)
じゃんぽーる西さんの漫画は男性目線で描かれており、オシャレなパリばかりではありませんが、新たな発見ができて、よりパリが好きになるかも!?知れません。一度お手にとってみてはいかがでしょうか?(^.^)
スポンサードリンク